« 正月三が日に働いている人は? | トップページ | コリア・ファティーグ(韓国疲れ)再び? »

2017/01/04

本日限定! お賽銭は電子マネーでどうぞ

今日の東京も暖かい一日でしたね。都心の最高気温は、昨日と同じく13.7℃だったそうです。今日は平成29年(2017年)の仕事始めでしたが、通勤時も思ったほど寒くなくて助かりました。

 

まだお休みのところがあるのでしょうね。いつもと同じ時間帯の電車に乗りましたが、結構空いていました。連休明けあたりから、ふだん通りの通勤ラッシュに戻るのではないかと思っています。

 

 

さて、仕事始めの日に職場近くの神社に参拝するという方もいらっしゃると思いますが、港区にある愛宕神社では、今日に限り、電子マネーを使ってお賽銭を出せるようにしたそうです。

 

愛宕神社は、虎ノ門ヒルズ森タワーのすぐそばの愛宕山(都心では珍しい自然に形成された標高26メートルの山)の山頂にある、「出世の石段」(参道にある急な階段)で有名な歴史ある神社ですが、電子マネーを使ってお賽銭を出せるようになるとは思ってもみませんでした。

 

賽銭箱の前に電子マネーの読み取り機を設置して、自分で金額を入力した後、携帯電話などをタッチして決済するらしいのですが、やはり賽銭箱といえば小銭を投げ入れるもの…ですよね?

 

最近は電子マネーの普及で小銭を持ち歩かない人が増えているそうで、そういった方を対象に、試験的に電子マネーでお賽銭を出せるようにした…とのことですが、ちょっと味気ない気がしますね。

 

「五円」と「ご縁」をかけて、お賽銭には必ず五円玉を含める…といった人も結構いるような気がしますが、これからは、こういったことも少しずつ無くなっていくのかもしれません。

 

五円玉を2枚重ねて「重ね重ねご縁がありますように」とか、五円玉を3枚(15円=10円+5円)で「十分にご縁がありますように」とか、五円玉を4枚で「良いご縁がありますように」など、各々でお賽銭に意味を込めていたと思うのですけどね。

 

 

今はまだ試験中ということで、使える電子マネーも楽天edyというものに限られていて、JRのSuicaなどは使えないそうですが、試験の結果が良ければ本格的に導入されるのでしょう。

 

時代の流れに合わせた工夫ということでしょうし、基本的に新しい試みは歓迎したほうが良いとは思いますが、賛否は分かれるのではないでしょうか。この試み、数年後にはどうなっているでしょうね。

 

« 正月三が日に働いている人は? | トップページ | コリア・ファティーグ(韓国疲れ)再び? »

「日記」カテゴリの記事