« 平成29年(2017年)のスタート | トップページ | 正月三が日に働いている人は? »

2017/01/02

振り込め詐欺の被害件数(認知件数)と被害額の推移

愛知県警が、振り込め詐欺事件への対策として、キャッシュカードを一定期間利用していない高齢者がATMで振り込みをしようとした場合に、振込限度額を0円にするように県内の地方銀行に要請しているそうです。

 

愛知県では、すでに県内の全ての信用金庫で同様の仕組みが導入されているそうで、県警では、信用金庫よりも顧客数が多い銀行でこの仕組みが導入されれば、振り込め詐欺などの特殊詐欺被害が減少するのではないかと考えているようですね。

 

 

要請を受けた各銀行では、顧客の利便性の確保やシステムの変更などを考慮する必要があるとのことで、現在、仕組みを導入するかどうか検討中のようですが、確かにシステムの変更は大変そうですが、利便性については後回しにしても良いのではないでしょうか。

 

警察庁の統計資料を見ても、平成21年から24年にかけて認知件数は減少していますが、25年以降は再び増加傾向にありますし、一件あたりの被害額も大きいですからね。一人ひとりが騙されないように警戒することが大切ですが、被害を防止するための社会的な仕組みも必要ですよね。

 

■振り込め詐欺の認知件数(未遂を含む)の推移

平成16年 25,667件

  17  21,612

  18  19,020

  19  17,930

  20  20,481

  21   7,340

  22   6,637

  23   6,233

  24   6,348

  25   9,204

  26  11,256

  27  12,741

  28  12,195  (28年のみ1~11月の集計)

 

 

■振り込め詐欺の被害額の推移

平成16年 28,378,657,974円

  17  25,151,867,404

  18  25,493,300,973

  19  25,142,421,788

  20  27,594,389,498

  21   9,579,122,058

  22  10,088,048,014

  23  12,719,000,363

  24  16,041,104,000

  25  25,866,648,203

  26  37,978,278,332

  27  39,371,873,021

  28  33,831,987,212  (28年のみ1~11月の集計)

 

 

■振り込め詐欺の認知件数1件あたりの平均被害額

平成16年 1,105,647円

  17  1,163,791

  18  1,340,341

  19  1,402,254

  20  1,347,316

  21  1,305,057

  22  1,519,971

  23  2,040,590

  24  2,526,954

  25  2,810,370

  26  3,374,047

  27  3,090,171

  28  2,774,250  (28年のみ1~11月の集計)

 

※認知件数と被害額は警察庁の統計資料から引用

 

« 平成29年(2017年)のスタート | トップページ | 正月三が日に働いている人は? »

「日記」カテゴリの記事