« 「日本死ね」騒動についてのユーキャンの見解 | トップページ | 少子高齢化の先にあるもの »

2016/12/21

最高裁で敗訴しても断固阻止?

沖縄県の辺野古沖の埋め立て承認の取り消しを巡り、国が沖縄県を訴えていた裁判が終わりました。最高裁判所が、「沖縄県が埋め立て承認を取り消したのは違法」とする判決を言い渡し、沖縄県の敗訴が確定したそうです。

 

これを受けて沖縄県知事は、辺野古沖の埋め立て承認の取り消しを撤回するそうですが、普天間基地が辺野古沖に移っても、オスプレイの危険性は変わらないとして、今後も基地移設計画の阻止を目指すそうです。

 

 

普天間基地という住宅地の真ん中を飛ぶよりも、辺野古沖を飛んだほうが安全ではないかと思いますが、そういう考えではないようですね。だから先日のオスプレイの事故についても、「不時着」なのか「墜落」なのかで揉めているのかもしれません。

 

先日の事故は、海上で空中給油の訓練中にトラブルが起こり、基地に戻る途中にパイロットの判断で着水したそうですから不時着ではないかと思いますが、基地反対派の皆さんは、機体が大きく壊れていたことを取り上げて墜落(=欠陥があり危険だ)と言っているようです。

 

まあ、反対派の皆さんからすればそのほうが都合が良いのだと思いますが、この先、どうしたいのですかね。住宅街の真ん中に普天間基地があるのは危険だから何とかしろと言うので、では移転させましょうと言うと反対する。基地を減らせと言うので、ヘリパッドを建設して基地を返還しましょうと言うと反対する。これでは何も進まないと思います。

 

また、沖縄県知事の言動もよくわからないのですよね。ヘリパッド建設について「反対できない」とか「苦渋の選択」だったと言う。でも、後になってヘリパッド建設を「容認したわけではない」とも言う。苦渋の選択と言いながら、何も選択していないのですよね。

 

 

少し前に「最低でも県外」などと言う変わった人が出てきてしまったせいもあるのかもしれませんが、今のままでは誤解を生むだけだと思いますし、そうなれば沖縄県民の皆さんからの信用も失うと思います。県知事として、もう少ししっかりしたほうが良いのではないでしょうか。

 

« 「日本死ね」騒動についてのユーキャンの見解 | トップページ | 少子高齢化の先にあるもの »

「日記」カテゴリの記事