« 沖縄のマスコミと米軍基地反対派の関係 | トップページ | 「日本死ね」騒動についてのユーキャンの見解 »

2016/12/19

進展しなかった領土問題

今日の東京も日中は暖かかったですね。さすがに朝晩はコートが必要でしたが、日中は背広でも問題ありませんでした。週間天気予報によれば、この暖かさは木曜日頃まで続くようです。

 

さて、先週に日露首脳会談が行われましたが、その評価は分かれているようですね。会談の詳細が明らかにされていませんので本当のところはわかりませんが、領土問題は進展しなかった…というのが大方の見方のようです。

 

 

領土問題の進展に期待する声も大きかっただけに、これについては少し残念でしたが、是非とも進展してほしい日本と、進展しなくても何も困らないロシアという関係では仕方がなかったと思いますね。

 

戦争で失われた領土は戦争で取り返す以外に方法は無い…といった話しもありますが、その通りなのかもしれないな…と思いました。でも、そうした中でも経済協力に合意できたのは、一歩前進だったのではないでしょうか。

 

経済援助ではなく経済協力ということは、ODAのように日本政府がロシアに対して援助したり出資するといったような話しではなく、(政府系金融機関がサポートするにしても)民間が主体で行うということでしょうからね。

 

この点については、経済制裁で困っているロシアの足元を多少は見たのかな…という気もします。商売の条件が良くなければ民間は出ていきませんから、相手に譲歩させるには良いやり方だったのではないでしょうか。

 

 

日本人は、相手の弱みにつけ込むようなことを好まないと思いますが、外交ではそういった姿勢も必要だと思います。良い顔をしているだけでは、逆に相手からつけ込まれてしまいますからね。

 

しかも今回の相手は、日ソ中立条約を無視して日本に侵攻し、領土まで奪い取った国ですから尚更です。そうした相手には、隙を見せることなく、かつ、将来の解決への糸口を失わないように対応するしかないと思います。

 

また、「信頼関係」といった言葉にも騙されないようにしないとダメですね。人であっても国であっても、信頼関係が成立しない相手はいます。中には、約束すら守れないような相手もいますからね。

 

« 沖縄のマスコミと米軍基地反対派の関係 | トップページ | 「日本死ね」騒動についてのユーキャンの見解 »

「日記」カテゴリの記事