« 社会の公器を名乗るメディアの品格 | トップページ | 予想通り「日本死ね」がベスト10入り »

2016/12/01

平日の日中に東京駅前でデモ

今日の東京都心の最高気温は14℃でした。明け方から雨が降り出して朝の通勤時間帯は寒いくらいでしたが、その雨も昼前に止み、午後は気温も上がって過ごしやすかったですね。

 

さて、今日の日中は用事があって東京駅近くにいたのですが、昼頃、八重洲口側にあるグラントウキョウという高層ビルの前でデモに出くわしました。こういう場所で平日の昼間にデモが行われるのは珍しいですね。

 

 

多少時間に余裕があったので、少しの間そのデモを見てみましたが、グラントウキョウに本社がある上場企業の幹部社員に対するデモのようで、その幹部社員のツイッターでの発言などについて抗議をしていました。

 

たびたび話題になる「ツイッターの炎上」ですね。こういうことは、主に学生さんなどの比較的若い人が起こすものという印象がありますが、実際は、職業や年齢に関係なく起こっているようです。

 

どこまでが事実かは分かりませんが、デモによれば、その幹部社員は暴力行為等処罰法による逮捕者が出ている団体の幹部でもあり、ツイッター上ではインテリヤクザを自称していたそうです。

 

暴力行為等処罰法は、集団による暴力や常習的な暴力を処罰する法律ですし、自らヤクザを名乗っていたとなれば、いわゆる反社(反社会的勢力)ではないかと疑われても仕方がないと思いますが…。

 

 

ただ、どうでしょう。今はそういった勢力と関わっただけで違法性を問われる時代ですからね。ましてや上場企業の社員であれば、そういったことには特に気をつけているはずですし…。

 

また、上場企業の本社の幹部社員ともなれば待遇もそれなりでしょうし、ひょっとすると役員候補であるかもしれません。いくら何でも、その地位を失うようなことをするとは思えないのですけどね。

 

まあ、事実は小説よりも奇なりと言いますので、本当のところは分からないですが…。デモでは企業名と幹部社員の実名が出ていましたが、誰もが知っているであろう歴史ある企業でした。少し気になったので、あとで検索してみようと思います。

 

« 社会の公器を名乗るメディアの品格 | トップページ | 予想通り「日本死ね」がベスト10入り »

「日記」カテゴリの記事