« 滋賀・櫟野寺の十一面観音菩薩坐像を鑑賞 | トップページ | 日本には内なる敵がいるらしい »

2016/12/05

間接部門が仕事の邪魔をする(仕事の無駄とは?)

昼休みにネットを見ていたところ、「間接部門が仕事の邪魔をする」という言葉が目に留まりました。何でも「こうした不満を持つ直接部門の社員が増えている」のだそうです。

 

何だろうと思って読み進めると、「間接部門はコストアップ要因と見なされることが多い」「間接部門をどこまでスリム化できるか」と続き、最後は「クラウドサービスで省人化」というただの宣伝でした。

 

 

さて、この記事にあるように「不満を持つ直接部門の社員が増えている」のかどうかは分かりませんが、「間接部門=コスト」みたいな話や、「直接部門(ライン)と間接部門(スタッフ)の間の軋轢」といった話しは昔からありましたよね。

 

「無駄を省いてコストダウンしろ」→「無駄って何?」→「売上に結びつかないこと(顧客に価値を提供していない仕事)」みたいな感じで間接部門が責められるといった話しは、どこの会社でもあるでしょう。

 

まあ、そう言いたくなる気持ちもわからなくはないですが、「無駄」の定義は少し違うかな…と思います。例えば、経理部門(間接部門)がする会計や税務の仕事は、売上には結びつきませんが、法人である以上は義務ですからね。

 

必要なことをやらないわけにはいきませんから、その意味では無駄なことではないのですが、クラウドサービスなどを利用することで(機械化することで)省人化はできますので、まったく無駄がないというわけでもありません。

 

 

結局、間接部門だから(直接部門ではないから)無駄だとか、必要なのだから(義務なのだから)無駄ではないといった話しではなくて、無駄というのは「本来であればやる必要がなかったこと」なのだと思います。

 

クラウドサービスの利用にしても、「本来であれば(人が)やる必要がなかったこと」を機械にやらせるわけですからね。また、このような基準で仕事を見ていけば、直接部門にも随分と無駄なところがあると思います。

 

ということで、コストダウンにしても何にしても、何かを変えようとするときには、先に言葉の定義をしっかりしておいたほうが良いと思います。言葉の曖昧さは、問題解決の妨げになりやすいです。

 

« 滋賀・櫟野寺の十一面観音菩薩坐像を鑑賞 | トップページ | 日本には内なる敵がいるらしい »

「仕事」カテゴリの記事