« 渋谷暴動事件から45年 | トップページ | 早めの大掃除と焼肉と… »

2016/11/02

ある日突然謝罪を要求されたら

日本の女性アイドルグループがコンサートで使用した衣装が、ナチス・ドイツの軍服に似ていたということで、このグループの所属先などに対して、アメリカを活動拠点にしている人権団体が謝罪要求をしてきたそうです。

 

 

このアイドルグループのファンの方には申し訳ないのですが、国内はともかく、海外では無名だろうと思われる彼女たちのことなど、外国の人は誰も気にしていないと思いますけどね。それなのに、なぜ海外から謝罪要求がきたのでしょうか?

 

と思ってネットを見ていると、国内から海外のメディアに対して、一所懸命に情報発信していると思われる人たちが…。そして彼らは、このアイドルグループの関係者が東京オリンピック絡みの仕事をしているのを見つけ、そちらの関係先にも苦情を入れているようです。

 

また、ネット上には着用したとされる衣装の写真もありましたが、それらはワンピースなどで軍服に見えるようなものはありませんでした。まさかとは思いますが、私たちが見てそう見えたのだから問題なのだ…といった話しなのですかね?

 

確かに、ナチス・ドイツの関係は気をつけたほうが良いと思いますが、衣装が似ていたからというだけで、いきなり謝罪要求してくるとは驚きです。そうした対応では、問題があっても解決できないと思いますし、むしろ嫌悪感が生まれる原因になるだけだと思いますけどね。

 

 

ある日突然、しかも海外から一方的な謝罪要求がきたら、ふつうの人は何かおかしいな…と感じると思います。隣国との関係では。一度謝罪をしたばかりに、延々と言い続けられるという経験をしていますからね。

 

でも、不思議ですよね。自分が子どもの頃には、軍服に似ているというよりはそのものズバリという衣装(鉤十字の腕章をするなど)で歌っていた歌手もいましたし、それが問題視されたことも無かったですからね。いつ頃から今のような状況になったのでしょう?

 

« 渋谷暴動事件から45年 | トップページ | 早めの大掃除と焼肉と… »

「日記」カテゴリの記事