« 平均寿命-健康寿命=10年 | トップページ | 築地市場から豊洲市場に移転できる? »

2016/10/14

日本がユネスコに対する分担金の支払いを留保

外相が今朝の記者会見で、ユネスコに対する今年の分担金(38億5千万円)や任意拠出金(5億5千万円)の支払いを留保していると公表したそうです。日本も、ようやくこうしたことができるようになったようですね。

 

 

ユネスコは、教育・科学・文化を通じて、平和及び安全に貢献することを目的に設置された国連の下部機関で、正式には国連教育科学文化機関と言いますが、やっていることと言えば、南京大虐殺の出鱈目な資料を世界記憶遺産として登録するといったことです。

 

ユネスコだけではなく、国連人権委員会などもそうですが、国連とは名ばかりで、実際は反日的な団体に政治利用されている状態です。日本は、そのような機関に対して毎年多額の分担金を支払ってきたのですよね。

 

ちなみに、反日的な団体の中には、他国だけではなく日本の民間団体も入っていて、

1.日本の民間団体が、これらの機関で日本を批判する。

2.これらの機関から、その批判を前提にした勧告が出される。

3.その勧告を日本に持ち帰り、マスコミを使って騒ぎ出す。

といった流れで、アジアから孤立する日本とか、世界から孤立する日本とやってきたわけです。

 

そんな機関に自分たちが支払った税金が何十億円も使われてきたかと思うと、腹立たしい限りです。良く言えばお人好しですが、悪く言えばただの○○ではないでしょうか。

 

 

もうすぐユネスコでは、慰安婦問題関連資料の世界記憶遺産への登録審査が行われます。何もしなければ、また出鱈目な資料が一方的に登録され、それを根拠に日本が批判されることになります。

 

これらの機関への分担金の支払いを止めて、その機関が政治利用されないように制度を改めさせるのは当然のことですよね。これを機会に、お金だけ出す日本ではなく、お金も出すが口も出す日本になって欲しいと思いますし、口が出せないならお金も出さないで欲しいです。

 

« 平均寿命-健康寿命=10年 | トップページ | 築地市場から豊洲市場に移転できる? »

「日記」カテゴリの記事