« 非常食はローリングストック法で備蓄する | トップページ | 50代後半での早期退職 »

2016/10/06

年金もらえないなんてことないですよね?

もう随分前になりますが、「年金もらえないなんて誰が言った?」というテレビコマーシャルがありましたよね。出演した女優さんが年金未納者だったことで騒ぎになったやつです。

 

 

年金については、年金未納者の問題や消えた年金問題、そして支給開始年齢の引き上げなど、良い話しがありません。年金に対する不安は高まる一方ですが、それに追い打ちをかけるかのように、今年に入って間もない頃、株価下落による年金支給額の減額について首相が言及しました。

 

そして先日も首相から、現役世代の賃金が下がった場合に高齢者の年金も減額される可能性がある…といった話しがありました。世代間の不公平感をなくすため…というもっとらしいことを言っていますが、この先、年金は大丈夫なのですかね。

 

確か2004年頃だったと思いますが、年金制度改革で、今後100年間、年金受給額は現役世代の収入の50パーセントを保証する…といった話し(いわゆる「100年安心プラン」)がありましたが、それから10年ちょっとでこの状況ですからね。

 

まあ、100年安心プランでも、経済状況によっては給付額をカットする…みたいな話しはありましたので、「100年安心できたらいいな」程度の安心だったのかもいれませんけど…。でも、カットするにしても、その前にやるべきことはありますよね。

 

先日も、アフリカに官民あわせて3兆円規模の投資を行うといった報道がありましたが、官民のうちの「官」の部分は税金ですからね。投資して見返りがあるなら良いですが、お金だけ出して感謝すらされないみたいな話しだったらやめて欲しいです。

 

 

今度の都知事は、何かにつけて「都民ファースト」と言っていますが、東京が「都民ファースト」なら、国は「日本人ファースト」や「日本ファースト」で進めるべきではないでしょうか。

 

他国に貢献するのも大切なことですが、その前に日本国内の課題や問題に対応したほうが良いですよね。税金を使うのであれば尚更だと思います。ということで一言。「年金もらえないなんてことないですよね?」

 

« 非常食はローリングストック法で備蓄する | トップページ | 50代後半での早期退職 »

「日記」カテゴリの記事