« 「うなぎ少女」は女性差別? | トップページ | 迅速な報道なのでしょうけど »

2016/10/10

非常食を試食してみました

 

 

先週末、同僚から非常食をもらいました。もらっておいて言うのも何ですが、できれば賞味期限前にもらいたかったな…(笑)。同僚いわく、期限を忘れていた…とのことでした。まあ、期限後10日くらいなら問題ないでしょう。ということで、試食してみました。

20161010a

パックの裏に食べ方の説明があります。まずパックを開封し、中に入っている脱酸素剤とプラスチック製のスプーンを取り出します。次に、パックの中の注水線まで水(またはお湯)を入れてかき混ぜ、パックのチャックを閉めて食べられるようになるまで待ちます…といった具合です。

20161010b

パックの中身はこんな感じです。パックを開けてすぐの状態ですと注水線が見えづらいので、パックを左右に揺するか、付属のスプーンで中のお米をかき混ぜて注水線が見えるようにすると良いと思います。

20161010c

注水線が見えたら水またはお湯を注ぎますが、今回はお湯を注ぐことにしました。水の場合は、注いでから食べられるようになるまで1時間必要なのと、冷たいご飯を食べるのは少し抵抗があったので…。ちなみに、お湯の場合は注いでから15分間で食べられるようになります。

20161010d

お湯を注いでよくかき混ぜ、チャックを閉めて15分間経過した後の状態です。ご飯が炊き上がった…という感じに仕上がりますね。ご飯の量は、茶碗一杯より少し多いくらいでした。

20161010e

肝心の味は…悪くなかったですよ。むしろ非常食でもこのくらいの味が出せるのか…と驚くくらいでした。個人的には、ご飯が少し硬めかな…という印象でしたが、注ぐ水(お湯)の量を調整したら好みの硬さになると思いますね。

 

 

« 「うなぎ少女」は女性差別? | トップページ | 迅速な報道なのでしょうけど »

「日記」カテゴリの記事