« 非常食を試食してみました | トップページ | 二度目の新入社員過労自殺 »

2016/10/11

迅速な報道なのでしょうけど

昼休みにネットのニュースを見ていたところ、関西の私鉄で「多数の外国人のお客様が乗車されていて混雑しております。日本人のお客様にはご不便をおかけしております」といった趣旨の車内放送があったという記事がありました。

 

 

ネット上では、外国人差別ではないかということで多少話題になっているようですが、ネット時代だからでしょうか、その車内放送が行われたときから記事が配信されるまでの時間が短いのですよね。

 

その記事は、

10日の午前11時半頃、関西の私鉄の車掌(40代男性)が「本日は多数の外国人のお客さまが乗車されて大変混雑しており、日本人のお客さまにはご不便をおかけしております」といった内容の車内放送を行った。

それを聞いた乗客の日本人女性から私鉄に対して、この車内放送は「社内のルールに定められた内容の放送なのか」との問い合わせがあったので車掌に確認した。

車掌は、乗客の日本人の男性が「外国人が多くて邪魔」といったことを大声で叫んだのを聞いて、トラブルを避けるために放送した。差別の意図はないと説明した。

私鉄は、「これまでも外国人観光客の大きな荷物に対する苦情が寄せられたことはあったが、このような車内放送をしたのは初めてで、日本人と外国人とを区別するような言葉はふさわしくない」と言っている。

といった内容で、車内放送の翌日(11日)の午前0時6分に新聞社がネット配信したものです。

 

10日(祝日)の昼に起こった出来事が、すぐに新聞社に伝わり、その日のうちに(おそらく電話でしょうけど)取材が終わって記事が書かれ、校正やチェック(をしますよね?)も終わって日付が変わってすぐに配信されたわけです。

 

私鉄がわざわざ新聞社に連絡するとも思えないので、私鉄に問い合わせた乗客の女性か別な乗客が新聞社に連絡したのか、あるいは新聞社の記者も乗客だったということなのかもしれませんが、迅速な報道ですよね。

 

でも、わざわざ記事にするようなことですかね?

 

確かに車掌の言葉遣いについては配慮が足りないといった指摘もあると思いますが、車内からの苦情と言ってもいいような出来事への対応のようですし、咄嗟のことであれば完璧な対応(言葉遣い)は難しいと思いますけどね。

 

 

また、車掌は会社に対して「差別ではない」と言い、会社は取材に対して「区別するような言葉はふさわしくない」と言っていますが、乗客からの問い合わせか新聞社からの取材で「差別」と指摘されたのですかね?

 

もしそうだとしたら、それもどうかと思います。何かあるとすぐに差別と言う人たちがいますが、日本で差別が行われていることになっていないと都合が悪いのですかね?

 

« 非常食を試食してみました | トップページ | 二度目の新入社員過労自殺 »

「日記」カテゴリの記事