« 日本がユネスコに対する分担金の支払いを留保 | トップページ | 過労死ラインは80時間(残業時間と過労自殺の関係) »

2016/10/15

築地市場から豊洲市場に移転できる?

豊洲市場について、「揺れる都政」とか「小池劇場」といった表現で連日のように報道されていますが、結局のところ、築地市場から豊洲市場に移転することはできるのでしょうか?

 

 

この件は、「食の安全」という誰も否定することができない話し、かつ、求めればキリがない話しとして議論してしまっていますので、解決するのは難しいと思うのですが…。何となく、原発のときと同じような話しになっていますよね?

 

今のままでは、基準を厳しくして安全になりましたから大丈夫ですと言っても、それでは安全と言い切れないからもっと基準を厳しくしろとか、絶対に安全と言えないなら稼働させるなといった話しになってしまいそうです。

 

それに、豊洲市場では「食の安全」が保てないと言いますが、今年の初めには築地市場のネズミの話題が出ていたように、築地市場でも「食の安全」が保たれていたと言い切れる状況でなかったですし…。

 

当時の話しでは、

・築地市場の移転に伴い、場外へのネズミの拡散が危惧されている。

・中央区は、約2,200万円の予算を計上してネズミ退治をする。

・中央区は、築地市場の場外の駆除を担当する。

・築地市場の場内では、店を構える各業者が日常的に駆除している。

とのことでしたからね。

 

週刊誌には「築地市場のネズミの大移動」などと書かれていましたが、大移動かどうかは別にしても、少なくとも日常的な駆除が必要なくらいの数のネズミはいたのだろうと思います。

 

豊洲市場では有害物質の問題で、築地市場では衛生上の問題という違いはあっても、「食の安全」という話しであれば、結局のところ、常時監視して問題がないか確認し続ける以外に方法はないと思うのですけど…。

 

 

まあ、豊洲市場への移転そのものを止めてしまうという方法もあると思いますが、交通の便が良い都心で場所を探した場合、有害物質が全く無いところなんて見つかるのですかね?

 

環境省などが基準値(健康を保護し生活環境を保全する上で維持されることが望ましい基準)や指針値(健康リスクの低減を図るための指針)を設定するのも、有害物質がゼロということはないからだと思いますが…。

 

« 日本がユネスコに対する分担金の支払いを留保 | トップページ | 過労死ラインは80時間(残業時間と過労自殺の関係) »

「日記」カテゴリの記事