« ながら運動でダイエットする | トップページ | 残業規制の強化を検討中 »

2016/09/07

国会議員の二重国籍問題

民進党の代表選に絡んで二重国籍の話しが出ていますが、代表選云々の前に、国政選挙に立候補する時点でしっかり対応しておくべきでしたね。日本の国益のために働く国会議員が、日本以外の国籍も持っていたなら大問題だと思います。

 

 

この話しを聞いて、そういえば(中国が首位のスーパーコンピューターについて)「2位じゃだめなんですか」とか、(中国が領有権を主張している)「尖閣は領土問題」など、過去には日本寄りとは思えない発言もしていたな…と、いらぬ心配をしてしまいました。

 

でも、こういったことが国会議員の二重国籍の問題なのですよね。国家間で利害や争いがあるときに、相手国に有利になるように日本政府を動かされてしまったら困るわけです。国会議員であれば自ら情報公開して、こうした疑いを持たれないようにするべきです。

 

また、これは国会議員一人の問題ではなく、その議員が所属している民進党という党の問題でもあります。一時期とはいえ政権与党だったわけですから、その間に疑われるような事例が無かったかどうかを党として検証し、国民に対して公表するべきだと思いますね。

 

そしてこの機会に、この議員と同様に日本国籍を選択した。あるいは日本に帰化して日本国籍を取得した他の国会議員についても、二重国籍でないかどうか。国会議員として疑いを持たれるような行為が無かったかどうかを調べたほうが良いです。

 

 

というよりも国籍については、先日行われた都知事選の際に学歴詐称を疑われた都知事のように、国会議員自らが証拠となる資料を示して説明したほうが良いのではないですかね。政治家であれば当然そうするべきだと思いますけどね。

 

« ながら運動でダイエットする | トップページ | 残業規制の強化を検討中 »

「日記」カテゴリの記事