« 回転寿司はシャリ抜きで? | トップページ | シニアは何歳から? »

2016/09/30

都議会冒頭解散はどうなった?

東京は今、豊洲の問題やオリンピック予算の問題で騒がしいですが、そうした中、都知事が出馬会見で語った「都議会冒頭解散」という話しは、どこかに消えてしまったようですね。

 

 

出馬会見では、「都議会を冒頭解散」「利権追及チームを新設」「前知事の政治資金問題について第三者委員会を新設」などと発言していたはずですが、東京都議会は、何事も無かったように開催されています。

 

都知事が都議会を解散できるのは、都議会が都知事に対して不信任案を出したときだけだそうで、事実上、冒頭解散はできないらしい…とは聞きましたが、それでも公の場で発言して都知事になったわけですからね。ちょっとどうかと思います。

 

まあ、いつものことと言ってしまえばそれまでですが、政治家の発言というのはこの程度のもの…みたい状況を変えていくことが、結果的に都知事の公約にあった「都政の透明化」につながるような気がしますけどね。

 

不透明な状況や汚職、利権などが生まれる原因は、関わっている人の責任感の無さですよね。自分が言ったことすら曖昧にしてしまうような人が、職務をしっかりと遂行できるのでしょうか。

 

都議会に問題があるから解散する…と言って世論が動けば、それだけで票が集まりますから、選挙対策としては成功したのかもしれませんが、そういった、いわゆる劇場型の政治というのは良くないと思います。

 

以前にも、「改革を進めたい首相 VS それを阻む抵抗勢力の議員」みたいな構図がありましたが、それと同じですね。対立の構図を見せて関心を集め、自分が正義だとアピールするだけでなく、結果を出していただかないと…。

 

 

都議会冒頭解散という発言は、「最低でも県外」のように、それまでの積み重ねを崩した上に、今でも混乱が続くような状況を生んだ発言に比べれば、大したことではないのかもしれませんけどね。

 

« 回転寿司はシャリ抜きで? | トップページ | シニアは何歳から? »

「日記」カテゴリの記事