« ニフティが上場廃止 | トップページ | 異性に対する感情を利用した手口 »

2016/08/03

情報セキュリティ管理という会社からのメール

昼休みに同僚が、変なメールが来たから見てよ…と言って、持っていた携帯電話を手渡してきました。そのメールは、情報セキュリティ管理という会社名を名乗ったもので、以下のような内容でした。(実際は管理番号の部分がローマ字と数字の組み合わせでした)

 

 

|【情報セキュリティ管理からの重要通知】

|管理番号:×××××××

|お客様のご利用端末に関しまして、個有情報(アドレス、
|パスワード等)の不正利用を受けた可能性がございます。

(中略)

|今後もお客様への一層のサービス向上に取り組んでまいり
|ますので、何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い
|申し上げます。

 

この文章の後に、会社名、受付回線番号として03で始まる固定電話の番号、受付時間の案内が書かれていました。

 

同僚はdocomoの携帯電話を使用していて、メールの送信元のアドレスもdocomoだったので、最初は正規のメールかと思ったようですが、「個有」や「不正利用を受けた」という表現に疑問を感じて問い合わせしなかったそうです。

 

確かに、「個有」ではなく「固有」ですよね。「利用を受けた」とも言わないと思います。 「利用された」とか「利用があった」とかなら分かりますけど。もし、「受けた」という言葉を使うのであれば、「被害を受けた」とか「攻撃を受けた」といった表現になると思います。

 

自分も、docomo以外の会社名を名乗ったメールなのに、どうして送信元はdocomoなんだろう…と疑問に感じたので、ネットで「情報セキュリティ管理」という会社名を検索してみたのですが、情報セキュリティ管理士などの資格試験などに関する内容しか検索できませんでした。

 

でも、問い合わせの電話をしなかったのは正解だと思いますね。迷惑メールって、「まずい状況ですよ。どうしますか?」といった内容のメールが多いと思います。同僚に届いたメールも、そんな感じの文章ですからね。

 

 

帰り際、他の同僚にこの話しをしたところ、会社名だけで検索しないで、会社名と「迷惑メール」などの二つの言葉で検索してみたらどうかと言うので、それで改めて検索したところ、まあいろいろと出てきました。

 

やはり問い合わせしなくて正解だったようです。皆さんもお気をつけください。

 

« ニフティが上場廃止 | トップページ | 異性に対する感情を利用した手口 »

「日記」カテゴリの記事