« ポケモンGOで相次ぐ事故や事件、道交法違反に偽アプリまで | トップページ | Knowing Doing Gap »

2016/07/26

主要候補しか報道されない都知事選

今朝は神奈川県で大きな事件がありましたね。出勤途中の電車の中で、目の前に立っていた人が持っていたタブレットPCの画面で知りました。記事の内容までは見えませんでしたが、被害者の数の多さが目立っていたので、最初はテロ事件が起こったのかと思ってしまいました。

 

 

最近、海外では相次いでテロが起こっていますし、現地にいた日本人もそれに巻き込まれていますからね。そして、週末の隅田川花火大会でも、テロを想定した警備体制になると聞いていましたので、ふと、そんなことを考えてしまいました。

 

今度の日曜日は都知事選挙の投票日ですが、次の都知事には、テロ対策も含めた犯罪対策をしっかりやってほしいですね。これからは、防災対策などと同じくらい治安対策も重要なテーマになってくると思います。

 

さて、その都知事選挙ですが、主要候補の3人の中では小池さんが一歩リードしていて、それを増田さんが追いかけ、鳥越さんが若干遅れ気味のようです。この3人については毎日報道されていますので、様子がよく分かりますね。

 

一方、それ以外の、泡沫候補と呼ばれている18人の様子は全く分かりません。報道でも、主要候補の3人の動向が伝えられた後に、その他の候補者として顔写真と名前が出る程度ですからね。そうした候補者の公約などを知りたければ、自分で調べるしかありません。

 

まあ、都知事選挙に限らずですが、知名度が高くて人気のある人か、大きな組織の後ろ盾がある人でないと当選できないですからね。ひょっとしたら、メディアも当選しそうな人だけ報道すれば良いと考えているのかもしれません。

 

 

でも、候補者が公平に扱われていない今の報道は、ある種の偏向報道ですよね。まるでメディアが、「主要候補の3人の中から都知事を選択してください」と言っているようなもので、非常に問題だと思いますね。

 

« ポケモンGOで相次ぐ事故や事件、道交法違反に偽アプリまで | トップページ | Knowing Doing Gap »

「日記」カテゴリの記事