« 隅田川花火大会(2016) | トップページ | 大人も感染するヘルパンギーナ »

2016/07/20

ポケモンGOで選挙へGO

ポケモンGOというスマートフォン向けの無料ゲームアプリが世界中で流行しているそうです。日本でも、今日あたりから利用できるようになるという話しですが、ニュースサイトの映像を見る限り、外国では大騒ぎのようですね。

 

 

このゲームの説明によれば、ポケモンGOは地球上すべてが舞台だそうで、プレーヤーは、いろいろな場所にいるポケットモンスター(ポケモン)というキャラクターを捕まえて、ポケモン図鑑を完成させるのだそうです。

 

もちろん、図鑑の完成でゲームが終わることはなく、それ以外にも楽しめる要素があります。また、すべて無料では商売になりませんので、ゲームを有利に進めたかったら有料のアイテムがあります…といった仕掛けもあるようですね。

 

このようなポケモンGOですが、スマートフォンを手にした若者たちが、画面を見ながら一斉に街中を歩いている姿や、画面の中にポケモンを見つけて歓喜している姿は、見ていてすごいな…と思います。

 

素直に受け取れば、ここまで若者を興奮させることができるゲームアプリ…ということでしょうが、斜に構えて見た場合は、ゲームアプリ(を作ったメーカー)に踊らされている多くの若者たち…ということでしょう。

 

まあ、どちらの要素もあると思いますが、画面に夢中になって交通事故に遭った人もいる…ということなので、これが日本で利用できるようになったら、どうなってしまうのかなあ…と、少し心配になります。

 

もちろん、このゲームによって、家に引きこもっていた若者が外に出るようになったとか、ゲームを通してコミュニケーションが行われるようになった…といった良い面も出てくるとは思いますけどね。

 

せっかくなので、ゲームの良い面が活かされるような使い方を考えてみても良いかもしれません。例えば、若者の投票率が低いことへの対応策として、投票所に行けばレアなポケモンを集められる…とか。

 

 

ゲーム目当ての投票なんて…といった批判もあると思いますが、投票する習慣のない若者が大人になったら、次の世代の若者は、ますます投票しなくなってしまうと思います。そうならないような対策をしたほうが良いと思うのですよね。

 

« 隅田川花火大会(2016) | トップページ | 大人も感染するヘルパンギーナ »

「日記」カテゴリの記事