« 混迷するヨーロッパ情勢 | トップページ | ポケモンGOで選挙へGO »

2016/07/19

隅田川花火大会(2016)

東京三大花火大会の一つとして知られている隅田川花火大会の開催時期が近づいてきました。毎年100万人近い見物客で賑わう隅田川花火大会ですが、今年は、先日起こったフランス・ニースでのテロ事件の影響で、例年よりも警備が厳しくなりそうです。

 

打ち上げ花火

 

警視庁も、会場に「緊急時初動対応部隊(通称ERT)」と呼ばれるチームを派遣するそうですね。東京マラソンに引き続いて2回目の派遣になるそうですが、この部隊の主な任務は「銃器などを使用した事案への対処」ということですので、事実上、テロ対策が行われるわけです。

 

「水と安全はタダ」と言うほどに治安も良く安全な日本でも、そういったことが必要な時代になったということでしょう。日本の中にいると当たり前に感じてしまう治安の良さも、海外から見たら特殊なことなのかもしれませんが、こういうところは世界標準にならなくても良いのですけど。

 

また、最近は日本人も変わりましたよね。ここ数年、隅田川花火大会の観覧モラルの低下が問題視されています。いわゆる「場所取り」の問題ですね。会場付近の河川敷や道路に粘着テープを貼り付けたり、ペンキやカラースプレー、石灰などで名前を書いて場所取りをする人がいるそうです。

 

 

自分などは、そうまでして花火を見たいという人の気持ちが理解できませんが、やっている当人たちは、そうまでしてでも見たいのでしょう。道路にペンキやカラースプレーで文字を書いたら、数年経っても消えないと思います。その汚れを毎日のように目にすることになる地元の人たちにとっては、迷惑以外の何物でもないですよね。

 

なお、隅田川花火大会は、毎年7月の最終土曜日に開催され、荒天の場合は翌日に延期されることになっていますが、今年は翌日が東京都知事選挙の投票日のため、荒天の場合は延期されずに中止になるそうです。こんなところにも、前都知事の問題が影響してしまうとは…。

 

« 混迷するヨーロッパ情勢 | トップページ | ポケモンGOで選挙へGO »

「日記」カテゴリの記事