« 違法ではないが不適切 | トップページ | ドイツを見習う? »

2016/06/09

相手の思惑に乗ったら負け

今日の東京は朝から雨で、いよいよ梅雨本番かな…といった感じでしたが、明日は晴れるそうです。首都圏の水がめである利根川水系の8つのダムの貯水率が49パーセントになっているとのことですので、降る時期に降ってもらわないと困るのですけどね…。

 

 

さて、今日は朝から頭が重く、仕事中もふだんに比べてあまり集中できませんでした。どうもこの時期は苦手です。そうした中、隣国の軍艦が尖閣諸島の接続水域に入ってきたというニュースを聞いてしまったせいか、余計に頭が重たくなったような気持ちになりました。

 

領土があって、その外側が領海で、さらにその外側が接続水域ですが、国際法上、接続水域の航行は自由と言うものの、そういった場所に何の用事もなく侵入してくるわけはないですからね。

 

日本側の警戒態勢がどうなっているか知りたいとか、侵入した際の政府の反応を見たいとか、あるいは、そこに領土問題が存在しているといったことを他国に向けてアピールしたいなど、何かしらの目的があって侵入したのでしょう。

 

周辺海域での活動がエスカレートしないように、侵入への抗議は必要だと思いますが、相手方の意図が何であったのかは慎重に探ったのだろうと思います。狡猾な相手ですので、思惑に乗ってしまうような対応をすると、つけ入ってくるでしょうからね。

 

 

また、今回の侵入は今日の午前一時前後とのことですが、そういった時間帯にも休まず監視活動が行われているのですよね。国を守るためには当然のことなのでしょうが、そのおかげで多くの人が日々を平穏に過ごせるのだろうと思います。

 

« 違法ではないが不適切 | トップページ | ドイツを見習う? »

「日記」カテゴリの記事