« せこい人が嫌われる理由 | トップページ | 昔からある詐欺の手口 - 送りつけ商法に注意 »

2016/06/18

会社にコミットする人生・会社にコミットしない人生

昨日は仕事のあとに仲間内の飲み会に参加してきましたが、その最中、結果にコミットするという某ジムのキャッチコピーを真似て、「会社にコミットする人生」を選択するか、「会社にコミットしない人生」を選択するか…といった話題になりました。

 

 

家族や収入のことなどを考慮して決める場合は、半分くらいの人が「会社にコミットする人生」を選択。自分の都合を優先して決めて良いとなった場合は、比較的順調なサラリーマン生活の人が「会社にコミットする人生」を選択。左遷など、何かしら痛い思いをした経験のある人が「会社にコミットしない人生」を選択しました。

 

まあ、順当な結果だろうと思いますね。また、これは自分の仲間内固有の問題かもしれませんが、痛い思いをした経験のある人の割合が高かったですね。たぶん、ちょい悪おやじ的な人が多いせいでしょう。そのためか、話題の多くが「会社にコミットしない人生」についてでした。

 

「会社にコミットする人生なんて最悪だよね」といった開き直ったような意見もありましたが、それに対しては、「愛社精神あふれる人生で良ければ別にいいんじゃないの?」とか、「給料や出世とかの待遇への執着心でしか生きられない人もいるでしょ?」といった、これもまた斜に構えたような意見が出てきました。

 

やはりと言うべきでしょうか。「会社にコミットしない人生」を選択した人の割合が高いだけに、周囲の人が聞いたら引いてしまいそうな話題ばかりが続きました。というより、周囲には、話しのところどころで苦笑いしている人がいましたので、完全に聞こえていたと思います。

 

でもまあ、食べるのに困らないくらいの収入があって、出世欲といったものがさほど無いということであれば、「会社にコミットしない人生」を選択するのも良いのかな…と思いますね。むしろ、そう思ったときから良い意味で今までとは違った人生が開けるかもしれません。

 

 

会社から期待され続けることに消耗する人生よりも、家族や同僚から信頼される人生や、趣味を楽しめる人生…といったほうが良いかもしれません。サラリーマンという一括りの中にいたとしても、いろいろな生き方があって良いのではないでしょうか。

 

« せこい人が嫌われる理由 | トップページ | 昔からある詐欺の手口 - 送りつけ商法に注意 »

「仕事」カテゴリの記事