« 新生元年にはパラダイムシフトが必要 | トップページ | 会社にコミットする人生・会社にコミットしない人生 »

2016/06/16

せこい人が嫌われる理由

都知事が辞職することになりました。これで政治資金に関する疑惑の追及も幕引きになるようですね。調査に関わった弁護士さんも「不適切だが違法ではない」との見解でしたので、これ以上追及しても仕方がないのかもしれませんが、あれほど大きく取り上げられたホテルの宿泊費の件も、結局そのままになってしまいますね。

 

 

しかしまあ、振り返って見てみると、どれも「せこい」話しでしたよね。金額的には必ずしも大きくない話しでこれだけ騒がれてしまうのは、「せこい」という話しの後ろに「ずるい」みたいな話しがあって、道徳観や倫理観の問題になってしまったためでしょう。だから「せこい人は嫌われる」のですね。

 

例えば、都知事も国会議員時代に受け取っていた政党交付金ですが、これは使途が定められています。ところが、それを自分の政治団体へ寄附すると、その先は何に使うのも自由です。使途も限られ、余ったら返金する必要がある政党交付金が、寄附によって返金の必要のない自由なお金に変わるわけです。

 

多くの議員が行っていることですが、違法ではないものの「ずるい」な…と思います。余って返すくらいなら使っちゃおう。どうせ税金だし…といった発想なのかもしれませんね。一方で「これは税金の無駄遣いだ」と言って役人を責めていた人が、他方で自分は税金の無駄遣いをしていた…などといったこともあるわけです。

 

また、一時期、地方議員の政務活動費が問題になりましたが、これも同じですね。地球を何周もできるガソリン代なんて、どう考えてもおかしいです。今回、都知事を追及した都議会議員の皆さんは大丈夫なのですかね。政務活動費がガソリン代に化けるのは古典的な手口だそうですので、同じことをしている人がいてもおかしくありません。

 

 

都知事の辞職によって、次の都知事候補の話題に関心が移りつつありますが、二人続けてお金の問題で辞職していますので、三度目の正直ということで、次はそういったことのない人になってほしいです。就任直後にスキャンダルが出て、追及されて即辞職となったら、選挙費用がいくらあっても足りませんからね。

 

« 新生元年にはパラダイムシフトが必要 | トップページ | 会社にコミットする人生・会社にコミットしない人生 »

「日記」カテゴリの記事