« 解禁日直後から終盤戦の就職戦線 | トップページ | 禁止事項が多すぎて自由に遊べない公園 »

2016/06/03

ご飯(白飯)を美味しく食べる方法

同僚から聞きましたが、「究極に旨い白飯の食べ方」という本が出ているそうですね。自分も同僚も、ご飯かパンか…となるとご飯を選ぶほうなので、一度読んでみたいね…といった話しになりました。

 

 

納豆に甘みのある新玉ねぎを混ぜてご飯の上に乗せて食べる「玉ねぎ納豆ご飯」や、かつお節とバターをご飯の上に乗せて醤油をかけて食べる「おかかバターご飯」などの食べ方が、写真入りで掲載されているようです。

 

玉ねぎ納豆…は美味しそうですし食べてみたいと思いますけど、おかかバター…はどうですかね。美味しいのでしょうけど、ご飯にバターは邪道ではないかな…。カロリーも高そうだし…。

 

でも、究極の白飯の食べ方は、上質のお米を上手に炊飯して、そのまま食べる食べ方ではないかな…と思いますね。良いお米は、おかず無しでも美味しいですからね。

 

また、そういうお米は、お茶碗でいただく炊きたてアツアツのご飯としても美味しいですし、おにぎりなどにしていただく冷めたご飯としても美味しいですね。

 

 

ちなみに、お米にも格付けがあって、もっとも高い格付けは「特A」と言うのだそうですが、外観・香り・味・粘り・硬さ・総合評価の6つについて高い評価がないと認定されないそうです。

 

エネルギー源である炭水化物に加え、たんぱく質やカルシウム、鉄、ミネラルやビタミンなどの栄養素を豊富に含むお米は、健康にも良いです。お米が主食の日本に生まれて本当に良かった…と思います。

 

« 解禁日直後から終盤戦の就職戦線 | トップページ | 禁止事項が多すぎて自由に遊べない公園 »

「日記」カテゴリの記事