« 節税・租税回避・脱税の違い | トップページ | 都庁の職員も悲鳴をあげている? »

2016/05/12

最初から計算していた話し?

都知事の関係ですが、今度は政治資金に関する話しが出ているようです。海外出張でファーストクラスやスイートルームを利用したとか、公用車で温泉街の別荘に通っていたなどの話しとは少しばかり違った話しになってきましたね。

 

自分も海外出張の費用については、もう少し工夫(と言うよりは節約)できないものかなあ…とか、そもそも、そんなに海外に行かなくても…と思っていましたが、警備の都合などもあるだろうし、ふつうに考えるよりもお金はかかるだろう…といった印象でした。

 

公用車の話しも同じで、確かに庶民的な感情としては面白くない話しではありますが、警備の都合で公用車を使わざるを得ないこともあるでしょうし、できるだけ東京を離れないほうが良いとは思いますが、公人なのだから別荘に行くな…とまでは言えないですからね。

 

まあ、どちらも週刊誌の記事としてはよくある話しで、有名人について面白おかしく書いてみたり、多少印象の悪い政治家を叩いてみたりといったような話しの一つかな…くらいの印象でした。

 

でも、これが政治資金の話しとなると、よくある話しでは終わらせられないですよね。言われているような話しの通りだとすると、政治資金規正法違反で刑事罰の対象になりそうです。

 

今のところ、どのように話しが進むのかは分かりませんが、場合によってはリコール騒ぎなどが起こるかもしれませんし、そうなれば最悪、都知事を辞職することになる可能性も出てくると思います。

 

それに、何となくですが、今回の件については、公用車の話しのときのような対応(言い訳)はできないような気がします。記事にした週刊誌も丁寧に裏取りをしたように感じますので、都知事としてはやや不利な状況ではないかな…といった印象です。

 

また、今回の一連の話しは、最初から計算していたことでしょうね。まず、公用車の話しを出して言い訳を誘い、そこで関心が集まってきたところで言い訳できない政治資金の話しを出すなど、偶然では起こらないですよね。

 

 

« 節税・租税回避・脱税の違い | トップページ | 都庁の職員も悲鳴をあげている? »

「日記」カテゴリの記事