« 民主くんが引退 | トップページ | 木陰で一休み »

2016/05/04

みどりの日に昭和の日を思う

今日の東京は風が強かったですね。朝方は雨も降っていたので、今日が仕事だった方は、出勤するのが大変だったでしょうね。路線によっては、強風の影響で運転見合わせ状態でしたし…。

 

その雨も午前中にあがり、昼前には晴れ間が見えてきましたので散歩に出ましたが、風はあったものの暑いくらいでしたね。小一時間歩きましたが、少し汗をかきました。

 

喉も渇いたのでコーヒーでも…と思い、たまに行く喫茶店に寄ったところ、入り口に連休中はお休みとの張り紙が…。まあ、そうですよね…ということで、自宅に戻って自分でコーヒーを淹れました。

 

コーヒーを飲みながら、ふと、みどりの日っていつからだったかな…と思い、調べてみました。年齢的に、みどりの日と聞くと4月29日が思い浮かぶのですよね…。

 

調べた結果は以下の通りです。祝日に関する法律ができたのが1948年ですので、そこからの時系列ですが、5月4日がみどりの日になってから10年近く経っていますね。

 

1948年…4月29日が天皇誕生日になる。

1986年…5月4日が国民の休日になる。

1989年…4月29日がみどりの日になる。

2007年…4月29日が昭和の日になり、5月4日がみどりの日になる。

 

昭和という時代に対する印象は人それぞれだと思いますが、「激動の昭和」などと言われるように、日本が大きく変わった時代であったのは間違いないだろうと思います。

 

その意味で、4月29日をみどりの日から昭和の日に変えたのは良かったと思いますね。もちろん、戦争を思い出すから反対といった意見もあるとは思いますが…。

 

でも、昭和の日は、戦争を知らない世代の人が、戦争について考えるきっかけにはなると思いますし、そうしたきっかけ自体はあったほうが良いと思うのですよね。

 

 

« 民主くんが引退 | トップページ | 木陰で一休み »

「中高年」カテゴリの記事