« 印鑑やめます | トップページ | 面倒くさい上司や同僚への対処法 »

2016/05/26

大人の合意?

明日、現職としては初めてになりますが、アメリカ大統領が被爆地の広島を訪問することになりました。この機会に謝罪を求めるかどうかについて、「求めない」とする人が多いといった報道もありますが、自分は謝罪を求めたいです。

 

原爆投下も住宅地への空襲も、戦争犯罪であって国際法違反ですからね。法的には解決済みですから、今からこれらの罪を裁いて欲しいとは言いませんし、賠償を求めたいとも思いませんが、謝罪を求めるのは当然のことだと思います。

 

もちろん、謝らなければいけないことが多い国ですから、ここで謝ってしまえば次から次へと謝罪要求が来てしまう…といった事情があることも理解できますが、そういったことになってしまう原因を作ったのは自分たちですからね。

 

それに、日本は隣国のように、謝罪をしてもなおそれを要求し続けるといった未成熟な国ではありませんし、いつまで経っても終わらない、不毛な歴史論争を繰り返すような国でもありません。当然、おかしな歴史認識も持っていません。

 

そんなことよりも経済関係や同盟関係といった利益を考えよう。過去の出来事について意図的な記憶喪失を起こすことが大人の合意だ…といった考え方も分からなくはないのですが、それで本当に良いのでしょうか。

 

歴史とは合意の上に成り立つ作り話以外の何物でもない。(ナポレオン)

といった言葉もありますが、過去を忘れることに合意したほうが良いのですかね。作り話しの中で、ただ利益を追求するだけで良いですかね。何か違うような気がしてなりません。

 

 

« 印鑑やめます | トップページ | 面倒くさい上司や同僚への対処法 »

「日記」カテゴリの記事