« 自由化後も条件によってはお得感がない | トップページ | 歌丸さんが笑点の司会を卒業 »

2016/05/07

年間40万円で暮らす方法

イギリスに、年間約40万円で生活している年金暮らしの女性がいるそうです。この方、節約家として有名な方のようです。彼女が1年間に受け取る年金は、約156万円なのだそうですが、そのうちの約4分の1のお金で暮らしていることになりますね。

 

 

食品は、安売りしているスーパーマーケットを探し回って買う。節水のため、お風呂は1週間に1度。トイレはお風呂の残り湯を使用して1日に1度だけ。など、徹底した暮らしぶりだそうです。トレイが1度というのは本当なのかな?

 

ともかく浪費が嫌だそうで、安く購入するのはもちろん、可能な限り長く使用するように努力しているそうです。彼女は料理をほとんどしないそうなのですが、そのため、食器用洗剤も1年でボトル1本しか使わないようです。

 

彼女が料理をしない理由は、食生活にあるようです。ベジタリアンだそうで、スーパーで安売りされている賞味期限切れの野菜を購入し、それを大鍋でシチューにして食べるという質素な食事とのこと。月に1度作ると1カ月は持つそうです。

 

賞味期限切れの食材を口にすることを全く気にしないらしく、匂いを嗅ぎ、見た目を確認して問題なければ使うそうです。今の若い人なら賞味期限を心配すると思いますが、昔の人はこんな感じですよね。

 

所有している家電製品も少ないようで、家にはテレビが無いそうです。30年以上前に購入したヘアドライヤーを使っているとのこと。また、電気代を節約するため、日常生活では「1度に1つのライトしか点けない」というルールを厳しく守っているようです。

 

ただ、欲しいものも我慢した辛い生活を送っているわけではなく、時にはお菓子を買ったり、コンサートなどにお金を使うこともあるそうです。あくまでも贅沢をしないということなんでしょうね。

 

彼女は、このような自分のライフスタイルを誇りに感じているそうです。そして、世の中の多くの人は、必要なものと欲しいものの違いを区別していないように感じているとのこと。

 

 

彼女が実践しているのは、ただの節約生活ではなく、自らを飾ることなく、ありのままの自分を大切にし、モノも大事にする生活なのでしょう。こういうライフスタイルも良いですよね。

 

« 自由化後も条件によってはお得感がない | トップページ | 歌丸さんが笑点の司会を卒業 »

「日記」カテゴリの記事