« 公衆電話の使い方 | トップページ | 欧米のやり方よりも日本のやり方のほうが良いと思う »

2016/04/01

「残業するのは当たり前」を止める

今日はエイプリルフールですね。昔は、白黒テレビの画面をストッキングで覆うと白黒がカラーになるとか、テレビ画面から匂いを出せるようになったとか、そんな感じの嘘話しがあったようです。

 

報道番組の途中で、アナウンサーが真面目な顔でこんな話しをしたら、信じてしまう人もいるかもしれませんね。

 

最近は、仕事で少し疲れ気味でして、こんな感じの嘘話しができるくらいの余裕が欲しいな…と思っています。年齢的なものですかね。疲れが抜けないです。気持ち的にも昔ほど前向きにはなれないですね。

 

そのようなこともあって、年度初めの今日、今年度の目標を決めました。「残業するのは当たり前を止める」です。疲れの原因の多くが、この残業なんですよね。

 

でも、なかなか止められないだろうなあ…。なにしろ、周囲の人の目がありますからね。帰ろうとすると、「みんなが残業しているのに、一人で帰るのかよ」みたいな雰囲気になりますから…。

 

でも、それに負けたら残業を止められません。ここはひとつ、心を鬼にして帰るしかないな…。仕事って、やろうと思ったらどこまででもやれますからね。

 

仕事が多い時期に、「今日のうちに終わらせよう」といった真面目さ?責任感?仕事観?から残業してしまうようなことも止めないとダメですね。

 

今ある仕事から、本当に今日終わらせるべき仕事を選別して、終業時刻までに終わらせる。これを徹底するしかないな…。

 

 

« 公衆電話の使い方 | トップページ | 欧米のやり方よりも日本のやり方のほうが良いと思う »

「仕事」カテゴリの記事