« 脂質異常症の予防(血管を若々しく保つ) | トップページ | 「仕事に行きたくない」という病(5月病) »

2016/04/18

地震活動が南西方向に拡大中?

新聞などで被災地の写真や記事を目にするごとに、改めて事態の深刻さを感じます。未だ安否の分からない方もいらっしゃるとのことですが、無事であってほしいです。

 

警察や消防に加え、自衛隊も救助活動を行っていますので、希望は持ち続けたいと思います。同時に、被災地という危険な状況の中、活動していただけることは本当にありがたいと思います。

 

また、今も余震が続いている状況ですが、活発な地震活動が観測される地域が、これまであまり活動が見られなかった南西方向にも拡大しているとのことで、こちらも心配です。

 

気象庁によれば、これほどの広範囲に活動域が拡大するのは観測史上初めてだそうで、過去の経験を当てはめられないようです。収束する気配がないとのことで、引き続き警戒が必要とのことでした。

 

 

現地では、断水や停電が続いているようですが、物資の供給にも力が入れられているとのことです。被災地の皆さんが、一日も早く日常の生活に戻れることをお祈りしています。

 

それともう一つ。米国からの申し出を受け、日本政府が在日米軍に支援要請をした関係で、オスプレイを使った物資の輸送などの救援活動が行われているようです。

 

在日米軍に対してもオスプレイに対しても、根強い反対運動があることは知っていますが、Twitterなどの投稿を読んでいると、今も、基地周辺では日常と変わらぬ反対運動が行われているようです。

 

反対するなと言っても止めるとは思いませんが、こういうときくらい、一時的にでも休止できないものでしょうか。日本のために協力してくれている外国の方に失礼だと思います。

 

また、地震を取材していたテレビ局の中継車が、被災地のガソリンスタンドの順番待ちの車列に割り込んで給油したといった報道もありましたが、これも恥ずかしいですね。

 

取材するなとは言いませんが、迷惑行為は慎んでほしいと思います。被災地への道路の渋滞で救援物資の到着が遅れているという指摘もありますので、不用意に被災地に入らないでほしいです。

 

 

« 脂質異常症の予防(血管を若々しく保つ) | トップページ | 「仕事に行きたくない」という病(5月病) »

「日記」カテゴリの記事