« 保育所を優先すべきか外国人学校を優先すべきか | トップページ | 新入社員が知っておくべき3つのこと »

2016/03/24

自己管理の基本は時間管理

自己管理(セルフマネジメント)の基本は時間管理(タイムマネジメント)にあり。と言います。自分の時間を管理できない人に自己管理はできないし、自己管理ができない人に組織のマネジメントはできないということでしょう。

 

仕事をやりっぱなしにするのではなく、必ず過去の仕事を見直すようにして、「時間を有効に使う」→「得手・不得手を明確にする」→「優先順位を決める」→「時間を有効に使う」…というサイクルができるようにすることが大切ですね。

 

 

◆時間を有効に使う

「時間を有効に使う」ためのポイントは3つあります。

1.時間の使い方を記録する

自分が時間をどう使っているかを「客観的に知る」ことで、無駄な時間の使い方に気づくことができます。一ヶ月弱、リアルタイムで記録してみると効果的です。

2.時間の使い方を分析する

分析によって、成果に貢献していない時間を排除することができます。外的要因(外部から邪魔された場合)と内的要因(自分で無駄使いしている場合)に分けて分析してみると効果的です。

3.細切れの時間をまとめる

細切れ時間をまとめることで、仕事に「集中できる時間を増やす」ことができます。隙間時間に段取りを詰めておき、時間の取れた時に作業するといった方法も効果的です。

 

◆得手・不得手を明確にする

3つの視点で過去の仕事を検証し、自分の「得手・不得手を明確に」しておきます。

1.失敗したこと・成功したこと

2.お粗末だったこと・優れていたこと

3.手を抜いたこと・一所懸命やったこと

 

 

◆優先順位を決める

明確になった得手・不得手から、3つの視点でこれからの「優先順位を決めます」。

1.集中するべきことは何か

2.改善するべきことは何か

3.勉強するべきことは何か

 

といったことを、就職して間もない頃、先輩から教わりました。遅刻するなとか、期限を守れという人は多いですが、時間の使い方を教えてくれる人は少ないと思います。少し大げさかもしれませんが、良い人に巡り合えて良かったと思っています。

 

« 保育所を優先すべきか外国人学校を優先すべきか | トップページ | 新入社員が知っておくべき3つのこと »

「仕事」カテゴリの記事

 

無料ブログはココログ