« この程度の発言で大臣を辞任させるの? | トップページ | 一部の身勝手な人が全体をギクシャクさせる »

2016/03/05

国歌を歌わないのは恥ずかしい?

昨日の朝日新聞デジタルに「国歌を歌わないのは恥ずかしい?」といった記事が掲載されていました。国立大学法人 岐阜大学の学長が、今春の卒業式と入学式で国歌を斉唱しないと表明したことに関連した記事です。

 

2月に行われた岐阜大学の定例記者会見の席上で、記者から、今年の卒業式と入学式で国歌斉唱をするのかといった質問が出たことに対し、学長が、従来通り大学の愛唱歌を歌うと答えたそうです。

 

一方、これに対して文部科学大臣が、国立大学法人には交付金として多額の税金が支払われていることに触れた上で、(国歌斉唱を行わないことは)「国立大学としてちょっと恥ずかしい」といった意見を述べたようです。

 

岐阜大学では、岡野貞一氏(「ふるさと」「春が来た」などの作曲者) が作曲した歌があり、同窓会などで長年にわたり歌い継がれているそうです。そして、2012年からは、この歌が入学式などで歌われているようですね。

 

と、ここまでが事実関係ですが、さらに記事は続き、小中高校では、学習指導要領に「入学式や卒業式などでは国旗の掲揚と国歌の斉唱をするよう指導する」とあるが、大学にはそうしたルールがない。大学自治の原則があるため、国は式典の方法などに介入できないといった朝日新聞の見解が述べられています。

 

この後も記事が続くのですが、朝日新聞デジタルの利用者登録をしないと見えませんので読んでいません。が、記事の見出しからいって、文部科学大臣の発言に対して肯定的なことは書いていないでしょうね。おそらく、自社の見解と近い有識者の見解が書かれているのではないでしょうか…。

 

さて、「国歌を歌わないのは恥ずかしい?」についてですが、自分は恥ずかしいと思いますね。そもそも、こういった疑問を持つこと自体が恥ずかしいと思います。日本のように、国旗や国歌、愛国心といったものを重要視し ていない国は、世界的にみても珍しいと思いますけどね。

 

朝日新聞も、主要な国には記者を派遣したり支社を置いたりしているでしょうから、その国の人たちにこの記事を読んでもらって、感想を聞いてみたら良いと思います。

 

 

« この程度の発言で大臣を辞任させるの? | トップページ | 一部の身勝手な人が全体をギクシャクさせる »

「日記」カテゴリの記事