« 予算の話しをしない予算委員会でいいの? | トップページ | 100万円を1年間預けたら利息は10円? »

2016/02/02

携帯電話で代金の支払いを済ませる

通信販売では、クレジットカードによる決済が主流ですが、今でも6~7件に1件くらいの割合で、コンビニ支払いが利用されているそうです。クレジットカードを持っていない学生さんや、商品が届くかどうか心配なので後払いにしたい…といったときには、コンビニ支払いが便利なのでしょうね

 

届いた荷物の中にある払込票を持って、近くのコンビニに行って支払うだけといった気軽さも、コンビニ支払いが選択される理由の一つかもしれません。また、モバイルレジといって、コンビニに行かずに携帯電話を使って支払いができるサービスもありますからね。

 

事前に専用のアプリケーションをダウンロードして、サービスに対応している銀行のネットバンキング契約をしておくことが必要ですが、それが済めば、コンビニに行かずに自宅で支払いが済ませられます。通信販売だけでなく、一部の公共料金なども支払い可能です。

 

使い方も簡単で、アプリケーションを起動して、荷物と一緒に届いた払込票にあるバーコードを携帯電話のカメラで撮影し、うまく読み取れたら、契約しているネットバンキングを選択して支払いを済ませます。

 

どこでも利用できる。プライバシーが守られる。手数料も無料。といった点が、モバイルレジのウリですが、払込票には、住所や氏名、購入した商品名などが印字されている場合もありますからね。それを他人に見せることなく決済できれば、確かにプライバシーは守られると思います。

 

先日も、コンビニの男性店員が、女性客が店舗で記入した個人情報を見て個別に連絡をとった…というニュースがありましたが、こういうニュースを見ると、コンビニも安心できないなあ…と思いますよね。男性店員は軽い気持ちだったかもしれませんが、突然連絡を受けた女性は怖かったと思います。

 

女性の方でコンビニ支払いを利用されている方は、モバイルレジの利用を検討してみるのも良いかもしれませんね。

 

 

« 予算の話しをしない予算委員会でいいの? | トップページ | 100万円を1年間預けたら利息は10円? »

「日記」カテゴリの記事