« 10年持たないLED電球 | トップページ | 話題の匿名ブログと待機児童の問題 »

2016/02/29

4年に1回ではない「うるう日(うるう年)」

今日は4年に1回の「うるう日」でしたね。暦と季節のズレを補正するためにある1日ですが、初期のローマ暦では3月1日が年始だったそうで、年末にあたる2月末に「うるう日」を設定して、日数の調節をするようになったとか…。

 

太陽暦では1年が365日と言われていますが、厳密には365日と6時間ほどだそうで、その余計な6時間が4年間で24時間になるので、4年ごとに「うるう日」を設定することで1年の日数を1日増やし、調整するようになったようです。

 

ただ、もっと厳密に言うと、1年は365日と5時間49分ほどだそうで、1年に6時間の調整をすると、1年あたり11分ほど調整しすぎる(増やしすぎる)計算になってしまうようです。そこで、

 

・4で割り切れる年はうるう年にする

・ただし100で割り切れる年はうるう年にしない

・でも400で割り切れる年はうるう年にする

 

といった条件で計算して、400年間で3回だけ「うるう日」を省略しているのが現在の暦です。そのようなわけで、今から16年前の西暦2000年2月29日は、400年に1回の特別な「うるう日」だったのですよね。

 

さて、話は変わりますが、このような「うるう日」に結婚することを「うるう日婚」と言うそうで、あえてそれを選択する方もいらっしゃるようです。確かに、6日に1回の「大安」よりも、4年に1回の「うるう日」のほうが幸せになれるかもしれません。

 

特に、2000年2月29日の「うるう日婚」であれば、400年に1回の「うるう日」に結婚したことになりますので、より幸せになれたかもしれません。

 

ただ、記憶に残る日に何かをするのは良し悪しですね。結婚生活も順調に進めばよいですが、3組に1組が離婚すると言われている時代です。うるう日婚でそうした結末になったときは…忘れたくても忘れられないかもしれません。

 

また、2月29日が誕生日の人の年齢の計算ですが、日本の法律では、年齢は誕生日の前日の24時に増える決まりだそうですので、毎年2月28日の終わりに、しっかりと1歳歳をとっているそうです。法律って良くできてますよね。

 

 

« 10年持たないLED電球 | トップページ | 話題の匿名ブログと待機児童の問題 »

「日記」カテゴリの記事