« パートの主婦が月収25万円? | トップページ | クロード・モネ - カササギ »

2016/01/17

火のないところに煙を立てる?

ネットを見ていたところ、時事通信社が14日に配信した記事の中に、自民党の桜田義孝議員が、14日の午前中に開かれた自民党の会議で、慰安婦問題について発言し、内外から批判が出ているという趣旨の記事を配信していました。

 

まず、14日の12時05分に【「慰安婦はビジネス」=自民・桜田議員が発言】 というタイトルの記事が配信されます。この記事は、桜田議員が「慰安婦はビジネスだ。(日本は)宣伝工作に惑わされ過ぎ」といった趣旨の発言をしたが、日韓合意の直後で波紋を呼びそうだといった内容です。

 

次に、14日の19時13分に【自民・桜田氏「慰安婦はビジネス」=撤回・陳謝も内外から批判】というタイトルの記事が配信されます。この記事は、桜田議員が午前中の発言を撤回して陳謝したが、韓国側から批判が上がっているといった内容です。

 

14日の午前中に波紋を呼びそうな発言があって、それが午後には国外に伝わって批判が出た…ということですが、いわゆる党会合での発言ですよね。内輪の集まりでの発言が、1日も経たないうちに国内外での騒ぎになるなんて…。

 

これらの記事を見たとき、火のないところに煙を立てるというか、問題を掘り起こして大きくしようとしている人でもいるのかな…と思ってしまいました。

 

今までも、国内の出来事を海外のメディアが報道し、それを国内のメディアが引用して、日本はアジアから孤立するとか、世界から孤立している…とやってきていますからね。

 

メディアの本分は、権力の監視と国民の知る権利への寄与…などと言われていますが、必ずしもそうではないと思います。メディアに対する監視も必要ではないでしょうか。

 

 

« パートの主婦が月収25万円? | トップページ | クロード・モネ - カササギ »

「日記」カテゴリの記事