« 昔話風、朝三暮四 | トップページ | 非常に危険!急な寒暖差で起こるヒートショックに注意 »

2016/01/07

年末年始で何Kg太りましたか?

仲間内で、年末年始で太ったかどうか…という話しになり、体重測定をして結果を集計しようということになりました。その結果は、太った人が半分、変わらずという人が半分でした。さすがに減ったという人はいませんでしたね。

 

数人での話しなので、統計データとは違いますが、連休明けに1~2Kg体重が増えているというのは、それほど珍しいことではないかな…という気がします。

 

体を動かすようなことが無ければ、仕事に出ているときよりも運動量は減少しますからね。かといって、食べる量はあまり変わりませんので、自然と太ります。食べるだけならまだしも、飲んだりもしますからね。

 

自分も、食べ過ぎ・飲み過ぎに気をつけようと思っていたものの、1Kgちょっと太っていました。このままでは良くないので、10日・11日の連休は、少し体を動かそうと思っています。

 

また、飲むほうの話しですが、飲み過ぎはすい臓に負担がかかるそうで、飲み過ぎたかな…と思った場合は、食事の量や脂っこいものを控えたほうが良いそうです。

 

すい臓は、消化に必要なすい液を分泌したり、血糖の上げ下げに必要なホルモンを分泌する重要な臓器ですが、慢性すい炎などは、自覚症状が出ない場合もあるそうなので、日ごろから気をつけていたほうが良さそうです。

 

通常、消化に必要なすい液は、すい臓から十二指腸に行くそうですが、飲み過ぎたり脂っこいものを食べ過ぎたりすると、すい液の分泌が過剰になって、すい臓自体が消化されてしまいます。

 

これが急激に起こるのが急性すい炎で、ゆっくり起こるのが慢性すい炎ということですが、それらを発病した場合は、絶食・絶飲という過酷な治療が必要になるそうです。

 

 

« 昔話風、朝三暮四 | トップページ | 非常に危険!急な寒暖差で起こるヒートショックに注意 »

「健康」カテゴリの記事