« 楽観視できない状況 | トップページ | リストラだけが選択肢? »

2015/12/14

メタボリズム

写真は、中央区銀座にある中銀カプセルタワービルです。2012年に撮影しました。住所は銀座ですが、駅で言うと新橋か東銀座が近そうです。

20151214

建築家だった黒川紀章さんが設計し、1972年に竣工したビルで、多数のカプセル型の部屋が集合しているマンションです。部屋の大きさは、約10平方メートルということなので、マンションというよりもビジネスホテルといった感じですね。

 

各カプセルは独立性が高く、カプセルごと交換できるような設計だそうですが、今までにそういったことは行われていないそうです。おそらく、カプセルを作り直して交換するよりも、今あるカプセルを修繕して使うほうが低コストなのでしょう。

 

竣工から30年以上経過した2005年頃に、設備の老朽化やアスベストの問題で建て替えが検討されていましたが、裁判があったり、跡地にマンションを建築する予定だったゼネコンが倒産したりとゴタゴタ続きで、今も建て替えられずに残っています。

 

カプセルが分譲されたり賃貸されたりすることもあるそうで、昨年あたりですと、分譲価格は400万円くらい。賃貸の場合は、月6万円くらいが相場のようです。また、Airbnbを利用したカプセルの貸し出しも行われています。

 

雨漏りで内装が痛んでいる部屋があるとか、給湯が故障していて使えないなど、暮らすには結構大変そうですが、黒川紀章さんのメタボリズム(本来の意味は新陳代謝)建築の代表作に住めるということに魅力を感じる方には人気の物件のようです。

 

カプセルの上下に鉄板が入っていて、それが部屋を支えているという構造らしいので、夏は暑くて冬は寒そうですけどね。

 

 

« 楽観視できない状況 | トップページ | リストラだけが選択肢? »

「日記」カテゴリの記事