« 仕事納め(2015) | トップページ | ワースト1は60代以上 »

2015/12/29

約束事を守れない相手との交渉

慰安婦問題で合意があったという報道がありましたね。年の瀬になってから急に外相会談をするといった慌ただしさで、話しが進むのだろうかと思っていましたが、まさか合意に至るとは…。

 

さて、その合意の内容ですが、日本側は謝罪した上にお金まで出して、一方の相手側は努力しますという程度の内容で、お互いに譲歩した…という印象はないですね。しかも口約束で文書にすらなっていないというのは、さすがにどうかと思いました。

 

ふつうの相手ならまだしも、約束事を守れない相手ですからね。大丈夫なのでしょうか。約束事を守れない相手と文書を交しても意味がない…という考え方もあるとは思いますが、それでも文書にしておくべきではないかと…。

 

ただ、今回の合意の中に、国家賠償をしたり法的責任を認めるような内容が無かったのは良かったです。そして、最終決着であることと、不可逆であることの確認があったことも良かったと思います。告げ口や蒸し返しはもうたくさんですよね。

 

あとは相手次第だと思いますが、今までを考えると、どこまで期待して良いのやら…という感じですね。日本でも似たようなことはありますが、一部の団体の主張を大々的に取り上げて、世論を誘導するようなことをするメディアがいますからね。

 

それに政府が応じてしまう状況になれば、大使館前の慰安婦像の撤去も、元慰安婦を支援する財団の設立もできないままに終わってしまうでしょう。

 

すでに、大使館前の慰安婦像は聖域化されていて撤去できない…といった話しも伝わってきていますが、これは他国の公館の安寧を妨げる行為であって、あきらかな国際法(ウィーン条約)違反です。撤去以前に、設置させてはいけないのですけどね。

 

いづれにしても、そして振り出しに戻る…といったことが無いことを願っています。

 

 

« 仕事納め(2015) | トップページ | ワースト1は60代以上 »

「日記」カテゴリの記事