« メタボリズム | トップページ | 帝国ホテルのクリスマスツリー(2015) »

2015/12/15

リストラだけが選択肢?

東芝が業績悪化を理由にリストラを検討中…といった報道がありました。パソコン事業、テレビ事業、冷蔵庫や洗濯機などの白物家電事業といった事業がリストラの対象ということです。

 

自分が初めて使ったパソコンは、東芝製のDynabookという機種でして、今も同じ名前の後継機種を使っているので、こういった報道を見ると、少しばかり寂しくなります。確か、初期のDynabookは、F1レーサーの鈴木亜久里さんがCMをしていましたね。

 

Dynabookに限らずですが、当時のパソコンは今のものと違って白黒の画面で、マウスを使うことは滅多になく、ほとんどキーボードだけで操作をしていました。今からすれば使いづらい製品でしたが、こういう製品が世の中を変えていくのだろう…といった夢はあったと思います。

 

自分が最初に買ったDynabookは、重さが2Kgで、ようやくパソコンが持ち運べる時代になった…といった評価を受けていました。当時、持ち運べるかな…と思えるくらいのパソコンは、ノートパソコンとは呼ばれずに、ラップトップパソコンと呼ばれていましたが、これを長時間膝の上に乗せたら、膝が悪くなりそう…と思うくらいに重いものでしたからね。

 

また、そのDynabookは、価格が20万円を切っていて、資産計上せずに消耗品として購入できます…というもの評価されていましたね。当時は、20万円以上の事務機器が資産計上の対象でしたから…。

 

今でも、当時から積み重ねてきた技術はあるのでしょうけどね。高機能で高額な日本製品よりも、低機能で低価格な外国製品が売れると聞きましたが、本当にそうなのですかね。

 

サラリーマンをしていて思うのですが、自分たちが本当に作りたいものを作れないということってありますよね。機能的にはもう十分だと思っていても、何かアイデアを出せという圧力によって無理やりなものを出さざるを得ないとか、それが無駄だと思っていても、案件を進めるために認めざるを得ないとか…。

 

あるいは、新しいアイデアを出しても、前例がないというだけで絶対に認めてもらえないとか…。もし仮に、こうした苦労をしている人がいるなら、リストラの前にそれを解決してあげるほうが良いのではないでしょうかね。

 

 

« メタボリズム | トップページ | 帝国ホテルのクリスマスツリー(2015) »

「仕事」カテゴリの記事