« パチンコの売上と遊戯人口の推移 | トップページ | やる気のなさそうなパンダ »

2015/12/11

心配したってしょうがない

お付き合いのある会社に「心配したってしょうがない」が口癖のような方がいます。気さくな方なので、顔を合わせたときには、よく世間話しをしています。今日も少し話しをしましたが、近々、定年退職するとのこと。その後はどうするのかを聞いてみましたが、案の定、気楽にやっていくから…とのことでした。

 

 

見た感じは、昭和時代の喜劇映画に出演されていた植木等さんに似ていて、自分の中では、映画の中の植木等さんとその方が、かぶって見えている感じです。植木さんと言っても、若い世代の人には分からないかもしれませんね…。

 

心配しても、それが現実化する可能性が減るわけでもないから、いっそのこと心配しないという考え方にも一理ありますね。「脳は考えていることを現実化しようとする」といった話しを聞いたことがあります。本当かどうかはわかりませんが、もしそうなら、心配事は早く忘れたほうが良さそうです。

 

今を楽しく生きることに専念できることが一番幸せですよね。よく、今を我慢すれば将来楽しいことがある…といったことが言われますが、我慢というのは、ある意味で今を犠牲にすることです。そんなことをし続けて、明るい未来がやってくるのかな…と思うこともあります。

 

ちなみに、植木等さんという方は「ニッポン無責任時代」という映画で主人公役を演じています。この映画は、謎の無責任男「平均(たいらひとし)」が、就職したり解雇されたりを繰り返しながら成功していくという喜劇で、昭和30年代後半の古い映画です。

 

 

主人公は、人生で大事なことはタイミングと調子の良さと無責任としつつも、人間の本性はしっかり見抜いていて、かなめになっている人に攻勢をかけて成功していきます。次回作は「ニッポン無責任野郎」というもので、やはり無責任男「平均(たいらひとし)」が主人公の喜劇映画ですが、どちらも面白いですよ。

 

« パチンコの売上と遊戯人口の推移 | トップページ | やる気のなさそうなパンダ »

「日記」カテゴリの記事