« 人事考課という制度 | トップページ | サークル仮説…連続犯の犯行現場は円形上に分布する »

2015/11/05

悪口を言われるのも仕事のうち

同僚と飲みに行くと、何回かに一回は上司の話題になります。話題というと聞こえはよいですが、悪口という場合が多いですね。いつも一緒に仕事をしているとはいえ、人間同士、時には腹の立つこともありますからね。

 

一方の上司も、「悪口を言われるのも仕事のうちだ」なんていう感じで、妙に納得していたりします。納得というよりも諦めかな…。ひょっとしたら、こういう心境になれて一人前なのかもしれませんね。

 

先日も、居酒屋で隣のテーブルに座っていたサラリーマン風の数人が、上司の悪口で盛り上がっていました。嫌でも聞こえる距離でしたので、それとなく聞いていたのですが、その上司は他の部署から異動してきた直後らしく、彼らいわく「分かっていないで指示を出している」ということでした。

 

まあ、よくある話しですね。前任者との引継ぎなどもあるでしょうから、その上司も仕事の内容はある程度「知っている」のだろうと思いますが、その部署の上司としての「経験」は浅いわけで、上司よりも長くいる部下にしてみれば「分かっていない」ということになるのでしょう。

 

誰にでも、「知ってはいるが分かってはいない」ということはたくさんあると思います。例えば、就職してすぐの頃、先輩から仕事のやり方を教わる。この段階は「知っている」ですね。その後、自分で実際にやってみて、失敗して痛い思いもしてみて、ようやく身につく。これが「分かっている」ということだと思います。

 

「知っている」ことと「分かっている」ことの間には、すごく距離があるのですよね。この点で、彼らの言うことは正しいと思います。でも、「何でも分かっている人」もいないですからね。上司の悪口を言っている彼らも、違う部署に異動すれば上司と同じ状態になります。

 

大事なのは、「知らないから知ろう」とか「分かっていないから分かろう」とする努力だと思います。この上司が、そういう努力をしているのかどうかは分かりませんが、話しの感じからすると、していないような印象でした。もし努力していないのなら、したほうが良いですね。そうでないと、悪口を言われることだけが仕事の上司になってしまいます。

 

 

« 人事考課という制度 | トップページ | サークル仮説…連続犯の犯行現場は円形上に分布する »

「仕事」カテゴリの記事