« 便利になって失ったもの | トップページ | タクシー料金はやっぱり高いな…と思う »

2015/11/16

ユーキャン新語・流行語大賞の選ばれ方

毎年、この時期になると話題になるのが、新語・流行語大賞や今年の漢字ですね。昨年の新語・流行語は「ダメよ~ダメダメ」で、まあそうかな…と思いましたが、今年の漢字のほうは「税」ということで、これは微妙だなあ…と感じました。今年はどうなるでしょうね。

 

新語・流行語大賞は、「現代用語の基礎知識」の読者アンケートでノミネート語が50語選ばれ、選考委員7名によって大賞を含む10語が選定されるそうです。一方、今年の漢字のほうは、公募で応募総数が多いものが選ばれるそうです。

 

新語・流行語大賞のほうは、すでにノミネート語が発表されているので見てみたのですが、何だろう…と思う言葉もありますね。

 

「ラブライバー」「ドラゲナイ」というものがありましたが初耳でした。ラブライバーは、ラブライブというメディアミックスの作品のファンのことだそうで、ドラゲナイは、10代に人気のバンドが歌う曲のサビの部分がそう聞こえるということのようです。知らないわけだ…。

 

「早く質問しろよ」というのもあります。新語ではないので流行語ということだと思いますが、こんな言葉流行りましたかね。「とりま、廃案」というのもありましたが、これも聞いたことがないです。「とりあえずまあ廃案」というのを短くしたものだそうです。新語ということで良いのでしょうか…。

 

ちなみに、現代用語の基礎知識は、1948年に創刊された事典で、インターネットで調べたところ、2007年当時の話しによれば、過去最大の発行部数は創刊時の100万部で、2007年度版の発行部数は12万部ということでした。(ITmediaニュース07.08.31)

 

今はどのくらいの部数なのかわかりませんが、仮に10万部として、読者カードの回収率が5~10%とすると、10,000通弱の応募からノミネート語が選定されていることになります。(読書カードや愛読者カードなどの回収率は、悪いと2~3%くらいで、よくて10%くらいということです。)これが実際の数字だとすれば、少し分母が小さいように感じますね。

 

一方の今年の漢字の「税」は、応募総数167,613票のうちの8,679票だったそうです。全体の5.18%ですね。違和感を感じるわけだ…。ちなみに、2011年の「絆」は、応募総数が496.997票のうちの64,453票だったそうで、こちらは12.36%ですね。やはり、このくらいの数字でないと印象と違う結果になるのかなあ…。

 

 

« 便利になって失ったもの | トップページ | タクシー料金はやっぱり高いな…と思う »

「日記」カテゴリの記事