« ユーキャン新語・流行語大賞の選ばれ方 | トップページ | 半値八掛け二割引きは本当か? »

2015/11/17

タクシー料金はやっぱり高いな…と思う

今日は仕事の都合でタクシーを使いました。初乗り料金が710円になってから数年経ちますが、やはり高いなあ…と思いますね。今は消費税があがったので730円です。最近は高齢ドライバーの事故も多く、対策としてタクシーの利用を…という話しも出ていますが、気軽には利用できない料金ですよね。

 

もう40年も前の話しですが、自分が子どもの頃のタクシー料金は280円でした。タクシーの窓に280円って書いてあったなあ…というのを覚えています。大したことでなくても、目で見たものというのは意外と記憶に残るのですよね。

 

それともう一つ。連日、フランスでの事件が報道されていて、「平和な日本でもいつかは…」といった話しも出ていますが、タクシー料金が280円だった昭和40年代の日本は、必ずしも平和という状況ではありませんでした。40年代半ばには浅間山荘事件が起こって、そこでは撃ち合いもありましたし、後半になると連続企業爆破事件も起こりました。これらのニュース映像もよく覚えています。

 

さて、話しは戻りますが、良い機会なのでタクシー料金の推移を調べてみました。

 

昭和時代のタクシー料金の推移

昭和27年に、初乗り料金が80円となる前は、距離に関係なく1円という均一料金でした。タクシーが円タクと呼ばれていた時代ですね。ぞれ以前は、料金体系がバラバラで苦情が多かったそうで、一律料金にしたそうです。

この話しで、「当時、タクシーが円タクと呼ばれ、どこまで走っても1円だったころに、1本5円もする…」という石原裕次郎さん出演のテレビコマーシャル(昭和54年放送)を思い出しました。

昭和27年… 80円
昭和39年…100円
昭和45年…130円
昭和47年…170円
昭和49年…280円
昭和52年…330円
昭和54年…380円
昭和56年…430円
昭和59年…470円

 

平成時代のタクシー料金の推移

平成 2年…520円
平成 4年…600円
平成 7年…650円
平成 8年…660円
平成19年…710円

 

ついでにタクシー料金が280円になった昭和49年と、710円になった平成19年の大卒初任給も調べてみたところ、昭和49年の大卒初任給は78,700円で、平成19年は198,800円でした。タクシー料金も2.54倍。大卒初任給も2.54倍ですね。物価があがれば給料もあがるという話しもありますが、嘘ではないようです。

 

 

« ユーキャン新語・流行語大賞の選ばれ方 | トップページ | 半値八掛け二割引きは本当か? »

「日記」カテゴリの記事