« 余裕のある生活 | トップページ | 昼休みには散歩 »

2015/10/21

料金とあわせて検討してほしいこと

19日、携帯電話料金の引き下げ策を議論する有識者検討会の初会合が開かれたそうです。通話時間やデータ通信量が少ない利用者や、端末を長期間買い替えない利用者に配慮した料金プランなどを議論するようですね。

 

固定電話と同様の「基本料金+従量料金」がシンプルで良いと思うのですが、これではだめなのでしょうか。昨年度の携帯電話大手3社の営業利益の合計は2兆円くらいという話しもあるので、今のやり方のほうが良いのかもしれませんけどね。

 

それと、料金もそうなのですが、それ以外にも2つ気になっていることがあります。一つは、いわゆる「2年縛り」というものです。

 

「2年以内に解約すると違約金がかかります」という説明をされるのですが、この説明ですと「最初の2年の縛り」と受け取ってしまいますね。でも、正確には「2年ごとの縛り」なのですよね。違約金がかからずに解約できる期間を忘れていると、自動的に再度2年縛りになってしまいます。

 

もう一つは、こういうサービスを一緒に申し込むと割引がありますというものです。「すぐに解約すれば利用料金はかかりません」という説明をされるのですよね。ふつうなら「試してみて気に入らなければ」ではないでしょうか。これも解約を忘れていると、自動的に課金されてしまいます。

 

どちらも、忘れている消費者の問題ですが、忘れていることを期待していませんかね。という言い方は大袈裟かもしれませんが、そう思われても仕方がない売り方ではないかと思います。このあたりも料金とあわせて検討してほしいと思いました。

 

 

« 余裕のある生活 | トップページ | 昼休みには散歩 »

「日記」カテゴリの記事