« もう少ししたら見ごろ | トップページ | カンロ飴の思い出 »

2015/10/27

街の風景

今日の東京は、日中は天気もよくて暖かかったですが、風が強かったですね。強風注意報が出ていたようです。昼休みに会社の周りを少しだけ散歩しましたが、あまりの風の強さに、自然と目が細くなりました。

道端に咲く花

途中、花が咲いているのを見つけましたので、風が弱まったときに一枚撮ってみました。この花たちも、もう少しすると枯れてしまいますね。来年も咲いてくれると嬉しいなあ…。

 

街の風景は時間の経過で変わっていくものですが、東京は比較的変化が早いですね。特に食べ物屋さんの入れ替わりが早いと感じています。機会があったら行ってみようかな…と思っているうちに、違うお店に変わっていた…ということもありました。

 

 

その一方、変わらない風景もあります。勤め先から少し歩いた先にあるビルとビルの谷間に木造の一軒家があって、その一階がラーメン屋さんになっています。お客さんが5~6人入ったら満席になってしまうような小さなお店で、主人が一人で切り盛りしているのですが、昼休みの時間帯はいつも行列ができています。

 

自分が仕事でこの街を歩くようになった頃は、いい感じのおじさんでしたが、それから20年近く経った今は、すっかりおじいさんという感じです。立ち仕事がつらくなっているのでしょう。たまに前を通ると、注文の合間に椅子に座って休んでいるのが見えます。

 

ここは、行列ができるくらいに繁盛しても、店を広げることなく、ずっと同じスタイルで商売してきたのですよね。でも、後を継ぐ人はいないような感じです。このお店もこの人で終わっちゃうのかなあ…と思うと、少しばかり寂しいですね。

 

移り行く街並みを見るのは楽しいですが、いつ来ても変わらない街並みを見るのも、それはそれで安心しますよね。時間が経ってから見たときに、懐かしさを感じるような風景って、人にとっては大切なことのような気がしますね。

 

 

« もう少ししたら見ごろ | トップページ | カンロ飴の思い出 »

「散歩」カテゴリの記事