トップページ | ルール変更 »

2015/10/03

老後資金

そろそろ先々のことを考えたほうが良いかな…という年齢になったので、先輩方の話しを聞いてみたりしているのですが、特にお金関係は、聞けば聞くほど暗くなりますね。老後資金(年金支給額を除く)は約3,000万円必要らしいということも聞きましたが、これって本当なんでしょうか…。

 

生命保険文化センターというところのアンケート調査では、夫婦2人で老後を送るために必要な最低限の生活費が平均で約22万円/月。ゆとりのある老後の生活費になると約35万円/月だそうです。

 

 

仕事をやめて時間のできたところで旅行や趣味にお金をかければ、確かにそのくらいは必要なのかもしれませんが、日本は長寿社会ですからね。65歳で仕事をやめて90歳まで生きたとすると、35万円×12ヶ月×25年=1億500万円です。ふつうのサラリーマンではまず無理ですね。22万円で計算しても、22万円×12ヶ月×25年=6,600万円です。

 

一方の年金は…というと、厚生労働省年金局の調査では、男性会社員の場合の平均額が約204万円/年で、女性会社員の場合の平均額が約120万円/年だそうです。女性の場合、結婚して退職して…といった事情で勤続年数が少なくなるのでしょうね。

 

この条件に当てはまる夫婦2人であれば約324万円/年の年金収入ですから、月にすると約27万円ということで、最低限の生活(約22万円/月)は送れることになりそうです。ゆとりある生活(約35万円/月)を送るとすると、月に8万円の不足ですので、(35万円-27万円=)8万円×12ヶ月×25年=2,400万円の資金があれば何とかなりそうです。

 

こう考えると、老後資金が約3,000万円というのも理解できなくないですね。もし退職金がそこそこ出る状況であれば、3,000万円-退職金の額だけ貯金しておけば良いですよね。ただ、これらはすべて平均額ですからね。少ない人もいるでしょうし、多い人もいるでしょう。

 

退職金も出るかどうかわかりません。また、年金にしても、将来も今と同じ条件でもらえるのかわかりません。60歳支給開始が65歳に変わったように、65歳支給開始が70歳に変わるかもしれません。

 

 

結局のところ、いくらあれば大丈夫かを心配するよりも、健康を維持して定年後も働けるうちは働いて、細々とでも愉快に暮らしていくことを考えるほうが気楽で良いかもしれませんね。

 

トップページ | ルール変更 »

「老後」カテゴリの記事