« 人は本来弱いもの | トップページ | のんびりした日曜日 »

2015/10/31

神田古本まつり

毎年この時期になると、東京の神田神保町では「神田古本まつり」が開催されます。今年で56回目ということです。古書のワゴンセールがメインの催事ですが、「まつり」というだけあって、飲み物や食べ物のワゴンも出ていたりしますし、コンサートなどのイベントも開かれます。

神田古本まつり1 神田古本まつり2 神田古本まつり3

読書人の方には魅力的な催事なのでしょうね。たくさんの人がいらっしゃっていますので、街全体も賑やかになりますし、ちょっとした東京名物という感じになっています。古書をたくさん購入された方のために、臨時の宅配便サービス所もあって、一定額以上買うと全国送料無料になります。

 

また、ワゴンセール以外にも、近隣の書店さんでも特別価格セールなどを実施しているところがありますので、会場の外をまわってみるのも面白いと思います。

 

このところ出版不況などといわれていますので、業界全体としてはあまり元気がないのかもしれませんが、こういう催事を見ていますと、まだまだ頑張れる余地もあるのでは…と思いますね。

 

ただ、古書店自体はずいぶん減りましたね。自分が学生の頃ですので、もう30年近く前になりますが、当時はJR(その頃は国鉄)の水道橋駅から地下鉄神保町駅までの間に多くの古書店がありましたが、今は飲食店などに様変わりしています。

 

日本大学・専修大学・明治大学など、多くの学校が集まっている地域なのですが、学生さんは本を買わなくなっているのかもしれませんね。お金のない学生さんが安い本を買い求めるので、この界隈に古書店が集まった。という話しを聞いたことがありますが、時代が変わったということなのかな…。

 

 

« 人は本来弱いもの | トップページ | のんびりした日曜日 »

「日記」カテゴリの記事