« ルール変更 | トップページ | 裾野の広さと財政的な基盤の大切さ »

2015/10/10

秋の空

東京もすっかり秋らしくなりました。朝晩は上着がないと肌寒いくらいですが、昼間、日差しのあるところは上着がなくても暖かいです。

よく秋の空は高いと言われますが、確かに夏に比べると高く感じますよね。雲を見ても秋らしさを感じます。四季があるって良いですよね。

 

Aki_no_sora

 

ところで、秋の空と聞くと、自分は「男心と秋の空」「女心と秋の空」という二つの言葉が思い浮かびます。男性なので「女心と秋の空」という言葉のほうが印象深いのですが、実際は「男心」と言われていたものが後になって「女心」と言われるようになったとか…。

 

何でも、「女心」のほうは広辞苑の第4版に掲載がなく、第5版になって掲載されたということらしいのですが本当ですかね。ちなみに、イギリスでは「女心と冬の風」という言葉があるようです。こちらも変わりやすいという意味だそうで…。

 

性別に関係なく、心変わりする人はしますからね。いっそのこと「人の心と秋の空」とか、「政治家の心と秋の空」とかでも良いのかなと思いました。

 

 

« ルール変更 | トップページ | 裾野の広さと財政的な基盤の大切さ »

「日記」カテゴリの記事